スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチゴ畑でミツバチ盗難続発=不足で価格上昇、転売目的? -頭抱える農家・静岡など(時事通信)

 静岡県など各地のイチゴ農家で、ミツバチの盗難が相次いでいる。受粉に欠かせないミツバチは供給不足で価格が上昇。頭を抱える農家からは「転売目的で盗んだのでは」との声も出ている。
 静岡特産のイチゴ「紅ほっぺ」の産地・同県伊豆の国市では3月31日夜から1日朝にかけ、6軒の農家からミツバチの巣箱10個(計6万匹)が盗まれた。「とちおとめ」で知られる栃木県でも6日から7日にかけ、那須烏山市で約1万匹が盗まれた。栃木県警によると、今年はほかに5件の盗難被害があった。京都府でも今年に入り、綾部市や亀岡市などで盗難が続いた。
 イチゴの栽培では、受粉させるため花粉を運ぶミツバチが不可欠。伊豆の国市でミツバチを盗まれたイチゴ農家の60代男性は「ミツバチがないと形が悪くなり、売り物にならない」と嘆く。別の農家の女性(83)は「58年農業をやっているが、ミツバチを盗まれたのは初めて」と驚きを隠さない。
 農水省によると、ミツバチは感染病のため2007年に輸入が停止され価格が上昇。輸入は昨年再開されたが、冷夏や長雨などの影響で繁殖量は伸び悩んでいる。 

【関連ニュース】
【特集】昆虫記者のなるほど探訪
〔写真特集〕ミクロの世界
花粉症根治薬、8年後にも実用化=鳥居薬品と共同研究開始
花びらが多いシクラメン=遺伝子操作で開発
花粉、例年並みか少なめ=日照不足や低温影響

<自民>小池参院議員が離党…野党転落後、国会議員11人目(毎日新聞)
<中期財政運営>閣僚委開く 財政目標への議論をスタート(毎日新聞)
「悲しみ癒えず」「事件解決を」=島根女子大生遺棄、半年で両親(時事通信)
徳之島案、軍の距離規定理由に米が反対意向(読売新聞)
<チリ大地震>中部沿岸部で津波4時間以上 早大調査で確認(毎日新聞)

春の嵐 東北を直撃 1人死亡、3人重軽傷(河北新報)

 発達した低気圧の影響で強い冬型の気圧配置となった東北地方は14日、強風が吹き荒れた。男鹿市で屋根から転落した男性が死亡したほか、3人が重軽傷を負った。建物の被害や、交通機関の乱れも相次いだ。

 男鹿市北浦北浦の住宅では午後1時20分ごろ、屋根を修理していた同市船越、板金工日景勉さん(55)が約6メートル下に転落、頭を強く打ち死亡した。男鹿署は強風であおられたとみて調べている。
 北秋田市でも屋根を修理中の男性(57)が強風で落下し、左手首を折る重傷。青森市と大仙市でもそれぞれ1人が軽いけがをした。
 大崎市鳴子温泉の国民宿舎「鬼首ロッジ」はトタン屋根が吹き飛ばされ、営業を休止。尾花沢市高橋小では体育館の屋根がめくれ上がり、山形県川西町の幼稚園は倒木で屋根の一部が壊れた。青森、秋田両県でも屋根や壁がはがれるなどの被害があった。
 JR東日本によると、秋田新幹線は一部区間を含め上下8本が運休。在来線は東北、常磐、岩泉各線などで運休や遅れが続出した。
 花巻空港では大阪からのJALエクスプレス便が強風で着陸できず、折り返し便も欠航。フェリーは午後5時現在、青森―佐井間など青森県内発着の30便と、酒田港―飛島間の全便が欠航した。
 仙台管区気象台によると、最大瞬間風速は酒田市飛島で31.5メートルを観測。青森県深浦31.2メートル、秋田と八戸29.1メートル、宮城県亘理27.9メートル、仙台22.0メートルなど、東北各地で20メートルを超える強い風が吹いた。
 気象庁によると、北海道では吹雪に見舞われる地域もあるなど、北日本を中心に荒れ模様の天候となった。


<福岡発砲>「暴力追放運動、全面支援」…警察庁長官が視察(毎日新聞)
気分は天平人 1300年祭 施設公開(産経新聞)
雑記帳 24金製サッカーボール…公式球と同じ大きさ!(毎日新聞)
内閣支持率3割切る フジテレビ世論調査(産経新聞)
<砂川事件>関連文書「不存在は遺憾」…答弁書を閣議決定(毎日新聞)

<山崎直子さん>聖子さんの歌でお目覚め 夫が選曲(毎日新聞)

 【ジョンソン宇宙センター(米テキサス州)奥野敦史】国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の山崎直子飛行士(39)に、米中部時間14日午後11時21分(日本時間15日午後1時21分)、米航空宇宙局から目覚ましの音楽が贈られた。松田聖子さんのラブソング「瑠璃(るり)色の地球」。夫大地(たいち)さん(37)の選曲だという。

 山崎さんへの曲のプレゼントは7日以来2度目。前回は長女優希ちゃん(7)が選んだ。大地さんによると、山崎さんがどうしても宇宙で聞きたいと言っていた曲で、歌詞には「地球という名の船の誰もが旅人」などの表現がある。山崎さんが12日、ISSで詠んだ俳句にも「瑠璃色」という言葉が詠み込まれていた。

 山崎さんは交信で「とうとう飛行日も11日目。残りのミッションもがんばっていきたいと思います。帰還後にまた会えることを楽しみにしています」と日本語で語りかけた。

【関連ニュース】
ISS:冷却装置一つにトラブル発生 シャトル着陸延期か
山崎さん:「地球も、私たちも宇宙の一部」宇宙体験語る
ISS:女性4飛行士の写真を公開 同時滞在の新記録
野口聡一さん:誕生日にあめ 山崎さんが職人に依頼
ISS:山崎飛行士が宇宙で琴、「さくらさくら」を演奏

中国、日本人3人の死刑執行(読売新聞)
タイ衝突で死亡の村本さん遺族、バンコクへ出発(読売新聞)
新党「たちあがれ日本」 喫緊の課題は参院選対策 理念の違いで対立も?(産経新聞)
無人駅の運賃ごまかし、百円単位でも刑事告訴へ(読売新聞)
枝野行政刷新相、情報公開制度の見直しチーム設置を発表(産経新聞)

立体駐車場から車転落、60代?男性2人死亡 大阪・八尾の西武百(産経新聞)

 8日午前11時55分ごろ、大阪府八尾市光町の百貨店「西武八尾店」の立体駐車場(5階建て)4階から、乗用車が約8メートル下のアスファルト地面に転落。乗用車は大破し、乗っていた60代とみられる男性2人が病院に搬送されたが、八尾市消防本部によると、2人ともに死亡した。巻き込まれた人はいなかった。

  [フォト]車が転落した西武八尾店の上空から見た立体駐車場

 八尾署などによると、乗用車は立体駐車場の前の歩道に落下。2人は運転席と助手席に一時閉じ込められた。

 駐車場は自走式で、4階の金属製のさくが壊れており、八尾署は乗用車がさくを突き破って転落したとみて、詳しい原因を調べている。

 現場は近鉄大阪線近鉄八尾駅の近くで、同店のほか複合商業施設やホール、マンションなどが並ぶ繁華街。近くのマンションに住む男性会社員(48)は「ドーンという音とともに地響きがした。外をみると車がひっくり返っており、中の人がぐったりしていた」と話した。

【関連記事】
校舎屋上の天窓から落ち小3けが 鹿児島・霧島
「落下物事故多発中」の横断幕から垂れたロープが車直撃
あわや新幹線直撃…ドラム缶120メートル飛ぶ
落下物よけたトラックに追突死 オートバイの男性
鳥の巣作り原因? 草が電線に落下して停電 熊本

外国人参政権に反対 市民団体が東京支部(産経新聞)
山崎さん宇宙でブランド服…芦田淳さん次女デザイン(スポーツ報知)
<ひき逃げ>女子高校生重体 京都の男を逮捕…岐阜・各務原(毎日新聞)
<掘り出しニュース>「地域の力」結実 公衆トイレ完成 三重・伊賀(毎日新聞)
公明・遠山氏が繰り上げ当選(時事通信)

不合理なければ「裁判員の量刑維持」…東京高裁(読売新聞)

 1審が裁判員裁判で審理された強盗致死事件の控訴審判決が31日、東京高裁であり、中山隆夫裁判長は「裁判員裁判で出された量刑は、明らかに不合理なところがない限り結論を維持すべきだ」と述べて、「刑が重すぎる」と訴えていた被告側の控訴を棄却した。

 貴金属の商談で来日した韓国人鑑定士(当時52歳)に仲間2人と暴行して死なせたなどとして強盗致死罪などに問われた千葉県野田市、無職宮下泰明被告(64)は、1審・静岡地裁沼津支部での裁判員裁判で懲役24年(求刑・懲役25年)の判決を受け控訴。「懲役15年が相当」と主張していた。

 この日の判決で、中山裁判長は「1審の量刑判断に明らかな不合理はない」とし、さらに「裁判員制度は国民の良識を採り入れ、量刑をより納得できるものにする目的がある」と述べた。

無駄削った職員、人事で高評価=10年度予算執行で-財務省(時事通信)
イヤホンで刑事のふり、忘れ物免許証だまし取る(読売新聞)
オープン当日辞表の盆栽美術館長、辞意撤回(読売新聞)
白寿祝う名車の列 日本橋まつり(産経新聞)
「残念、無念の一言」=長官銃撃時効で幹部-警視庁(時事通信)
プロフィール

ミスターひとしいぐち

Author:ミスターひとしいぐち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。